2019年

5月

20日

ブルゴーニュ・ルージュ・ルノメ 2013 ルモワスネ

ブルゴーニュ・ルージュ・ルノメ 2013 フランス ルモワスネ ブルゴーニュ 赤   ミディアムボディ ピノノワール \2,800 

ブルゴーニュ地方の著名なネゴシアンで、膨大な古酒のストックを持っています。ルモワスネは、ルソーやデュジャック、グロなどから尊敬される人物でもあります。品質は非常に安定しています。ルノメは、名声の意味です。葡萄の出来のよい年だけに造られるキュヴェ。ニュイ地区の葡萄が使われます。

2019年

5月

18日

ムルソー・レ・ティレ 2016 ジョバール・モレ

ムルソー・レ・ティレ 2016 フランス ドメーヌ・ジョバール・モレ ブルゴーニュ 白   辛口 シャルドネ  \7,600 

近年力を伸ばしている新進気鋭の若手生産者。冷涼なレ・ティレの畑からは、香りが華やかで美しい酸の通った緊張感あるワインが造られます。 醗酵:オーク樽   熟成:オーク樽 12カ月 (新樽25%、228L)

2019年

5月

17日

シャトー・シトラン 2005

シャトー・シトラン 2005 フランス  ボルドー・オーメドック 赤   フルボディ カベルネ・ソーヴィニヨン 58%/メルロー 42%   \4,000 

2005年ヴィンテージは、パーカーポイント87点!カベルネ・ソーヴィニヨン50%、メルロー50%で構成されており、赤身のお肉や、ジビエのローストとマッチするとのことです!

2019年

5月

15日

メッツォ・ベルジュラック・ルージュ 2016

メッツォ・ベルジュラック・ルージュ 2016 フランス シャトー・デ・ゼサール 南西フランス 赤   ミディアムボディ メルロ80カベルネF20  \1,400 

Mezzo (メッツォ)とは、音楽用語で「やや」とか「少し」という意味で、音楽好きで、仲間と演奏を楽しむパスカルならではの命名です。収穫は夜間に機械で行います。違いは熟成方法です。発酵前に、4~5日間スキンコンタクトを行います。28度に保ちながら、ステンレスタンクで発酵します。50%に3年樽、50%にタンクを使用しています。ベリーやカシスの香りがあり、肉付きがよく、しっかりとしたタンニンとなめらかな味わいです。

2019年

5月

14日

ジュヴレ・シャンベルタン 2012 モーム

ジュヴレ・シャンベルタン  2012 フランス モーム(ドメーヌ・ターズ) ブルゴーニュ 赤   フルボディ ピノノワール  \5,900 

10区画もの異なるクリマがアッサンブラージュされる村名ジュヴレ・シャンベルタンは、いわばドメーヌの顔。張りのあるボディ、しっかりとした骨格。ジュヴレ・シャンベルタンに期待されるすべての要素が備わっている。

2019年

5月

13日

シャトー・デ・ゼサール・ブラン 2017

シャトー・デ・ゼサール・ブラン 2017 フランス シャトー・デ・ゼサール 南西フランス 白   辛口 ソーヴィニヨンブラン80セミヨン20  \1,300 

フルーティで熟した洋ナシや白桃のようなはっきりとした甘い香りと、余韻にはローズマリーのようなハーブの香りもあります。熟したリンゴやバナナのようにフレッシュで果実味にあふれ、酸味は穏やかで凝縮度の高い目の詰まった味わいです。ほのかな苦味が全体に締りを与えてくれます。しかも程良いボディとまるみがあるので、飲み応えも感じられます。

2019年

5月

11日

レ・オー・ド・ヴェルモン・ルージュ 2015

レ・オー・ド・ヴェルモン・ルージュ 2015 フランス  ボルドー・スペリュール 赤   ミディアムボディ メルロ  \1,500 

レッドベリーやチェリーの非常にアロマティックで強いアロマが広がります。フレッシュで丸みがあり、非常にバランスがとれています。やわらかくしなやかなタンニンが果実味とうまく混ざり合っています。アントル ドゥ メールのいくつかの区画からの葡萄を使用しています。土壌は粘土石灰質、一部シルトを含む、水はけのよい組成です。葡萄の仕立てはダブル グイヨ。植密度は3,000~4000本/haです。発酵は28度から30度に温度コントロールしたステンレスタンクで約21日から28日間行います。マロラクティック発酵と熟成もステンレスタンクで行い、熟成期間は8ヶ月から12ヶ月です。

2019年

5月

10日

レ・ジナタンデュ・GR・リースリング 2016

レ・ジナタンデュ・GR・リースリング 2016 フランス ヴィニョーブル・ギョーム フランシュ・コンテ 白   辛口 リースリング  \2,700 

100年以上も続く,世界最高の苗木家。育種(特にシャルドネとピノ・ノワール)と台木の世界第一人者である彼は,顧客である超一流の造り手たちの要望や畑のテロワールに応じてクローン選抜,あるいはマス選抜による最適な苗木と台木を助言,また,育種・研究開発を行い,彼らに提供している。驚くべきことは,彼の顧客リストが,正真正銘,《世界の超一流ワインの造り手の紳士録》であること。

2019年

5月

09日

バルバレスコ・リゼルヴァ 2013 ロベルト・サロット

バルバレスコ・リゼルヴァ 2013 イタリア ロベルト・サロット ピエモンテ 赤   フルボディ ネッビオーロ  \3,600 

はっきりと分かるバラの花やスミレのアロマが特徴的です。熟したプラムやリコリスのアロマに、スパイスやチョコレートのニュアンスが感じられます。やわらかなタンニンは甘さを感じさせ、ヴェルヴェットのようにしなやかな余韻があります。ネイヴェ村、トレイゾ村の葡萄を使用しています。畑の標高は270~300m、南南西向きです。土壌は、石灰岩、粘土、マールを含む組成です。植密度5,000本/ha、仕立てはグイヨです。収穫は9月末から10月の初旬に行います。アルコール発酵と醸しは10日間行います。熟成は、熟成は最初に2ヶ月ステンレスタンクで熟成させ、その後14~15ヶ月樽で熟成させます。さらに6ヶ月ステンレスタンクで落ち着かせます。ボトリング後、さらに数年間瓶熟させています

2019年

5月

08日

レ・ジナタンデュ・キュヴェ・ミステール・バルベーラ 2016

 レ・ジナタンデュ・キュヴェ・ミステール・バルベーラ VDT 2016 フランス ヴィニョーブル・ギョーム フランシュ・コンテ 赤   フルボディ バルベーラ  \3,400 

ブラックベリーやミルティーユなどブラックフルーツのアロマが傑出。濃い色調としなやかさを持ち合わせ,スパイシーな味わい。赤身肉屋フロマージュにぴったり。サーヴィスは16-18度。 ギィにある粘土石灰質の区画に植わる樹齢6年のバルベーラの若木に由来。剪定法はギヨ・サンプル。収穫は手摘み。 厳密な温度管理下でオークの小樽で発酵及び熟成(11ヶ月・MLFあり)。

2019年

5月

07日

アヴィ 2015 サン・パトリニャーノ

アヴィ 2015 イタリア サン・パトリニャーノ エミリア・ロマーニャ 赤   フルボディ サンジョベーゼ100  \2,500 

熟したストロベリーやプラムなどの甘美な印象。開いてくるとバルサミックな香りが際立ち、クローヴ、ナツメグ、杉、オークなどの複雑さが続きふくよか。口当たりはパワフルで甘味がありリッチ。完熟果実のボリューミーな甘味に、丸みのある酸と口中を乾かす上質なタンニン、スパイスの風味が余韻に続く魅力的な味わい。

2019年

5月

04日

サンヴェラン・ムーラン・デュ・ポン 2015

サン・ヴェラン・ムーラン・デュ・ポン 2015 フランス オヴィック ブルゴーニュ 白   辛口 シャルドネ  \2,500 

典型的なサン・ヴェランのアペラシオンを表現している。レモンや白桃の香りがあり、いきいきとしてまろやかな味わい。魚のグリルや帆立貝の白ワインソースなどの料理との相性が良い。白亜紀の水成岩、粘土質土壌。水平式空気圧プレス器でブドウをプレス後、12時間かけて静かに沈殿させる。クリアになった果汁を ステンレスタンクに移し、アルコール発酵とマロラクティック発酵を行う。ボトル詰めするまで、澱と共にタンクで熟成させている。

2019年

5月

03日

サヴィニ・レ・ボーヌ1erフォルヌレ 2016

サヴィニ・レ・ボーヌ1erフォルヌレ 2016 フランス フィリップ・ブシャール(オスピス・ド・ボーヌ) ブルゴーニュ 赤   フルボディ ピノノワール \4,700 

母の生地であるボーヌを百年戦争の荒廃から救いたいという思いから、オスピス・ド・ボーヌは1443年、ブルゴーニュ公国の財務長官、ニコラ・ロランにより開設。1457年に最初の畑が寄進されました。現在ではニュイも含め、合計60haの畑を所有。畑は全ての区画がビオロジックで管理され、32hl/haと極めて低い収量制限がなされています。またオークションで販売することが前提にされているため新樽100%という点も特徴的。リリースしたてはどのワインも大変力強いのですが、そのような背景から生まれたワインが熟成した時の完成度には素晴らしいものがあります。

2019年

5月

02日

マジ・シャンベルタン・マドリーヌ・コリニョン 2007

マジ・シャンベルタン・マドリーヌ・コリニョン 2007 フランス フィリップ・ブシャール(オスピス・ド・ボーヌ) ブルゴーニュ 赤   フルボディ ピノノワール  \17,500 

母の生地であるボーヌを百年戦争の荒廃から救いたいという思いから、オスピス・ド・ボーヌは1443年、ブルゴーニュ公国の財務長官、ニコラ・ロランにより開設。1457年に最初の畑が寄進されました。現在ではニュイも含め、合計60haの畑を所有。畑は全ての区画がビオロジックで管理され、32hl/haと極めて低い収量制限がなされています。またオークションで販売することが前提にされているため新樽100%という点も特徴的。リリースしたてはどのワインも大変力強いのですが、そのような背景から生まれたワインが熟成した時の完成度には素晴らしいものがあります。

2019年

5月

01日

ムルソー1erポリュゾ・キュヴェ・ジュリアン・アンブロ 2011

ムルソー1erポリュゾ・キュヴェ・ジュリアン・アンブロ 2011 フランス フィリップ・ブシャール(オスピス・ド・ボーヌ) ブルゴーニュ 白   辛口 シャルドネ \7,700 

母の生地であるボーヌを百年戦争の荒廃から救いたいという思いから、オスピス・ド・ボーヌは1443年、ブルゴーニュ公国の財務長官、ニコラ・ロランにより開設。1457年に最初の畑が寄進されました。現在ではニュイも含め、合計60haの畑を所有。畑は全ての区画がビオロジックで管理され、32hl/haと極めて低い収量制限がなされています。またオークションで販売することが前提にされているため新樽100%という点も特徴的。リリースしたてはどのワインも大変力強いのですが、そのような背景から生まれたワインが熟成した時の完成度には素晴らしいものがあります。

2019年

4月

30日

エミリア・ロッソ 2016 イル・マイオーロ

エミリア・ロッソ 2016 イタリア イル・マイオーロ エミリア・ロマーニャ 赤   ミディアムボディ バルベーラ60ボナルダ20メルロ15カベルネS5  \2,600 

「イルマイオーロ」は、ピアチェンツァの丘陵地に構える小さな造り手。弁護士でもあるフランチェスコ氏が有機栽培によるワイン造りを行っています。畑ではボルドー液以外の農薬は一切使用せず、長いマセレーションと長期間の樽熟成。スタイル的には「ラストッパ」に通じるところもある造り手です。

2019年

4月

27日

ゲヴュルツトラミネール・ツェレンベルグ 2016 マルク・テンペ

ゲヴュルツトラミネール・ツェレンベルグ 2016 フランス マルク・テンペ アルザス 白   辛口 ゲヴュルツトラミネール  \3,700 

ツェレンベルグ村、粘土石灰土壌に植わる平均50 年のゲヴュルツを圧搾後、24 時間デブルバージュしフードルで24 ヶ月発酵熟成しました。

2019年

4月

26日

ピノノワール・ツェレンベルグ 2016 マルク・テンペ

ピノノワール・ツェレンベルグ 2016 フランス マルク・テンペ アルザス 赤   ミディアムボディ ピノノワール \\5,000 

ツェレンベルグで育つピノノワールを除梗、ピジャージュを二回行いながら開放桶で醸し後プレス、ブルゴーニュ樽で発酵24 ヶ月シュールリー熟成、SO2無添加で瓶詰めしました。

2019年

4月

25日

ピノブラン・ツェレンベルグ 2016 マルク テンペ

ピノブラン・ツェレンベルグ 2016 フランス マルク・テンペ アルザス 白   やや辛口 ピノブラン  \2,900 

アルザス定番の白、本拠地ツェレンベルグ村でビオディナミ栽培するピノブランを圧搾後、24 時間デブルバージュしフードルで24 ヶ月シュールリー熟成しました。

2019年

4月

24日

リースリング・ツェレンベルグ 2016 マルク・テンペ

リースリング・ツェレンベルグ 2016 フランス マルク・テンペ アルザス 白   辛口 リースリング  \3,400 

毎年絶大な人気を誇るアルザスリースリングの定番品で、ツェレンベルグ村、粘土石灰土壌に植わる平均40年のリースリングをゆっくりプレスし24時間のデブルバージュ後、フードルで24 ヶ月熟成しました。

2019年

4月

23日

シャルドネ フランシュ・コンテ 2016 ヴィニョーブル・ギョーム

シャルドネ VDP・フランシュ・コンテ 2016 フランス ヴィニョーブル・ギョーム フランシュ・コンテ 白   辛口 シャルドネ  \2,800 

淡いイエローのローブから白い花や柑橘系果物,バターのノートが感じられる。クリーンなミネラル感があり,フレッシュな味わい。アペリティフに,あるいはクリュディテ(サラダ)やシャルキュトリー,魚のグリエにおすすめ。サーヴィスは12-14度。 シャルドネの若木から造られるドメーヌのスタンダード・キュヴェ。カリテ=プリ(品質と価格)の究極のバランスを実現したシャルドネ。最高の苗木がいかにワインの質に影響を与えるかを証明する秀作。

2019年

4月

22日

ブラン・ド・ブランGC・ミレジム 2010 クリストフ・マルタン

ブラン・ド・ブランGC・ミレジム 2010 フランス クリストフ・マルタン シャンパーニュ スパークリング   辛口 シャルドネ100  \9,000 

オワリー産シャルドネ100%。樹齢25年以上。5年間以上ビン熟成。ドザージュは7g/l。

2019年

4月

20日

シャトー・ラ・パターシュ 2011

シャトー・ラ・パターシュ 2011 フランス  ボルドー・ポムロル 赤   フルボディ メルロ70カベルネF30 \ \6,600 

典型的なポムロールの上質ワイン。よく熟した細かいタンニンと豊かな果実味が樽香に調和。ふわっと舌にのるような柔らかなテクスチャーも魅力。畑とセラーにて2度の選別。平均して収穫の25%ものブドウが取り除かれる。ステンレスと樽を使用して醸造。果皮浸漬後、16~30℃で30日間の発酵。50%新樽で12ヶ月の熟成。無ろ過。年産18,000本。

2019年

4月

19日

キュヴェ・オーセンティック 2016

キュヴェ・オーセンティック 2016 フランス ジャン・マルク・ラファージュ ルーション 赤   フルボディ カリニャン50シラー40グルナッシュ10  \1,650 

シラーは地中海沿いの丸石が多くみられる畑、カリニャンはピレネー山脈の麓レザスプルエリア、グルナッシュは高温のアグリのエリアから収穫され、カタルーニャ地方の多彩な土壌の特徴が詰まったワインです。重厚でしっかりとしたストラクチャーを基礎としながら、エレガントで繊細な果実感、ミネラルを感じることができます。

2019年

4月

17日

ラ・ヴィ・ピノノワール 2017 ドメーニレ・サハティーニ

ラ・ヴィ・ピノノワール 2017 ルーマニア ドメーニレ・サハティーニ ムンテニア地方 赤   ミディアムボディ ピノノワール  \1,390 

標高130mの5.11haの畑。地質は黒土と粘土石灰質で、葡萄はギヨ仕立て。収量は42hl/ha。ステンレスタンクで発酵と熟成を行います。醸しは約10日、発酵の中盤に1日に2回ピジャージュを行います。光沢のあるルビー色でピノノワールらしい品種の香り、タンニンはまろやかでイチゴや木苺の果実味がキレイに凝縮しています。

2019年

4月

16日

ライン39 シャルドネ 2017

ライン 39 シャルドネ 2017 アメリカ オニール ヴィントナーズ&ディスティラーズ カリフォルニア 白   辛口 シャルドネ  \2,400 

商品名の39はカリフォルニア州の中心を通る北緯39度の意。パッションフルーツや核果に樽のニュアンスがあいまった豊かな味わい。爽やかなフィニッシュも心地よい。モントレー、クラークスバーグエリアの畑。 サスティナブル農法。85%はフランス産のオークスティーブを用い、ステンレスタンクで発酵。残りは樽にて発酵。主にフランス産の樽にて6ヶ月の熟成。

2019年

4月

15日

シャトー・ダルジャンボー・ブラン 2017

シャトー・ダルジャンボー・ブラン 2017 フランス  ボルドー・グラーヴ 白   辛口 ソーヴィニヨンブラン70セミヨン30  \2,400 

シトラスや白い花の芳香に心地よい酸味。ピュアな果実味が口中に広がる心地よいワイン。グラーヴ地区、バルサックに程近いイラ村に5.5ha。砂利の層と粘土石灰質の土壌。樹齢平均30年。平均収量20-25hl/ha。リュットレゾネ。ブドウの実の成熟度合いにより12~24時間の低温浸漬。12~16℃で平均15~20日間の発酵。3/4はステンレスタンク、1/4はフランス産の2,3年樽を使用しシュルリーで4ヶ月間の熟成。

2019年

4月

13日

ヴァランセ・ブラン・ル・ポワランタン 2017

ヴァランセ・ブラン・ル・ポワランタン 2017 フランス セバスチャン・バランセ ロワ-ル 白   辛口 ソーヴィニヨンブラン85シャルドネ15 \2,000 

白桃や白い花の香りに滑らかな口あたり。爽やかな余韻も心地よいワイン。シェール川沿いの丘に位置。森に囲まれており雨量が少なく、凝縮した実ができる。南向き。砂利質の沖積層を含む粘土質土壌。収量を制限した品質重視の栽培。環境と生態系を尊重した持続可能な農業。手摘み収穫。ステンレスタンクにて、16℃で3週間の発酵。ブレンド後、澱と一緒にタンクにて4ヶ月の熟成。

2019年

4月

12日

ボランジェ・スペシャルキュヴェ

ボランジェSPキュヴェ  フランス  シャンパーニュ スパークリング   辛口 ピノノワール60シャルドネ25ピノムニエ15  \5,800 

使用されるブドウの約80%が、グランクリュとプルミエクリュ畑のものです。タンク、またはオーク樽で一次発酵を行い、カーヴで最低でも3年間熟成させます。常に安定した品質のシャンパーニュを提供するため、コルク栓をしたマグナムボトルで5~10年間熟成させたリザーヴワインが5~10%加えられています。

2019年

4月

10日

バルバレスコ 2015 ナーダ・フィオレンツォ

バルバレスコ 2015 イタリア ナーダ・フィオレンツォ ピエモンテ 赤   フルボディ ネッビオーロ \5,600 

ナーダ家はランゲの中心部、バルバレスコの地域のトレイゾに6haの畑を所有し、この地域の生産者としては平均的な規模。畑はクリュのロンボーネとマンゾーラに含まれる。前者のテロワールは石灰土と粘土が混ざった土壌で、複雑味と果実味を共有した酒質が生まれる。後者は石灰、粘土、砂が程よく混ざった土地でエレガントなバルバレスコに仕上がる。代々広大な土地を受け継いできたナーダ家は1921年頃から農業を始めている。1982年からはフィオレンツォの息子のブルーノ氏が設備を革新して自らのブランドで生産を始めた。ブドウ栽培農家からワイン生産者への変貌は決して珍しくない。現在は孫のダニーロ氏がワイナリー経営に参画し、新たにクリュ畑であるモンタリバルディを購入しワインつくりの幅をさらに広げている

2019年

4月

09日

フロールス・カヴァ・ブリュット

フロールス・カヴァ・ブリュット  スペイン ジョゼップ・マザックス 地中海地方 カタルーニャ スパークリング   やや辛口 パレリャダ34シャレロ33マカベオ33 \1,050 

1920年より代々続く家族経営のワイナリーが丁寧に造る瓶内二次醗酵のスパークリングワイン。繊細な色合いと爽やかな口当たり、きめ細かい泡は食事との相性も抜群です。

2019年

4月

08日

ビアンコ・デッラ・カステッラーダ 2010

ビアンコ・デッラ・カステッラーダ  在庫2 2010 イタリア ラ・カステッラーダ フリウリ 白   やや辛口 シャルドネ、ソーヴィニヨン、フリウラーノ \5,000 

スロヴェニアと国境を接するオスラーヴィアで、ベンサ兄弟によって営まれるワイナリー。ラディコンやガンベッラーラのアンジョリーノ・マウレなど共に独特の醸造哲学を実践している。近年では白ワイン生産にもマセレーションを行うなど、伝統的な醸造法に回帰する方向に向かっている。畑でも自然環境や生態系に悪影響を及ぼさぬような農法を実践。シャルドネ、ソーヴィニョン、トカイ フリウラーノのセパージュ。

2019年

4月

06日

リボラ・ジャッラ 2010 ラ・カステッラーダ

リボラ・ジャッラ  在庫1 2010 イタリア ラ・カステッラーダ フリウリ 白   やや辛口 リボラジャッラ  \5,000 

スロヴェニアと国境を接するオスラーヴィアで、ベンサ兄弟によって営まれるワイナリー。ラディコンやガンベッラーラのアンジョリーノ・マウレなど共に独特の醸造哲学を実践している。近年では白ワイン生産にもマセレーションを行うなど、伝統的な醸造法に回帰する方向に向かっている。畑でも自然環境や生態系に悪影響を及ぼさぬような農法を実践。

2019年

4月

05日

サンテロ・ブラック・ブリュット

サンテロ・ブラック・ブリュット  イタリア サンテロ ピエモンテ スパークリング   やや辛口 グレーラ50シャルドネ30ピノビアンコ20  \950 

花のようなアロマに新鮮なフルーツの香り。フレッシュな口当たりと果実味溢れる味わいはアペリティフにはもちろん、どんなお食事とも合うワインです。

2019年

4月

04日

ニュイサンジョルジュ1erミュルジェ 2014

ニュイサンジョルジュ1erミュルジェ 2014 フランス アラン・ユドロ・ノエラ ブルゴーニュ 赤   フルボディ ピノノワール  \11,500 

所有面積は0.68ha。ミュルジェはニュイ・サン・ジョルジュの北の丘に位置する秀逸な1級畑。果実味の豊かさ、きめ細かなタンニンが特徴です。

2019年

4月

03日

ポマール1erクロ・ド・ヴェルジェ 2014

ポマール1erクロ・ド・ヴェルジェ 2014 フランス ビヤール・ゴネ ブルゴーニュ 赤   フルボディ ピノノワール \4,500 

クロ・ド・ヴェルジェの区画は2件の生産者が所有していますが、ビヤール・ゴネが大部分を所有しており、醸造所の裏手にあります。平均樹齢は30-40年のピノノワール種を使用しており、優しく、エレガント、長期熟成も可能なワインです。

2019年

4月

02日

ロゼ・ツヴァイゲルド 2017

ロゼ・ツヴァイゲルド 2017 オーストリア ミュラー・グローズマン ニーダー・エステライヒ ロゼ   辛口 ツヴァイゲルド  \1,980 

ツヴァイゲルトを手摘みで収穫、温度管理されたステンレスタンクで発酵します。 軽食、食前酒としても楽しんでいただけるロゼ。香りのよい、鮮やかな色のフルーティーなイチゴが口の中に広がり、爽やかで生き生きとした果実味、酸、ミネラルを感じられます。

2019年

4月

01日

シャトー・グラン・コルバン・デスパーニュ 2002

シャトー・グラン・コルバン・デスパーニュ 2002 フランス  ボルドー・サンテミリオン 赤   フルボディ メルロ75カベルネF20カベルネS3マルベック2  \4,800 

最近のヴィンテージは出来が良く、男性的な、ほとんど素朴なスタイルを見せている。濃いルビー/紫色をしており、がっしりとした体躯の、硬い風味で、タンニンやエキス分や芳醇さもたっぷり。まだ融合してはいないが、まとまったら12年から15年の寿命を持つ秀逸なワインとなるはずだ。予想される飲み頃 現在から2018年 

2019年

3月

30日

シャトー・ロツ・ヴァランタン 20002

シャトー・ロル・ヴァランタン  2002 フランス  ボルドー・サンテミリオン 赤   フルボディ メルロ97カベルネF3  \6,600 

深みのある濃いパープル。溶かしたチョコレートや新しい樫樽、バニラ、ローストしたハーブやブラックチェリーの香りがすばらしい。1995年の初ヴィンテージのミニ版と言われるこの2004年は、パーカー氏の飲み頃予想は2008~2016年!パーカーポイント88~90点。

2019年

3月

29日

カンシー 2016

カンシー 2016 フランス トロテロー ロワ-ル 白   辛口 ソーヴィニヨンブラン \2,980 

ロワール地方のプイィ・フュメやサンセールに程近いカンシー地区で造られる白ワイン。又、ドメーヌ・トロテローは、パーカーなどの評価が高く、入手することが難しい造り手の一人です。鮮烈なミネラル感に、凝縮した果実と柔らかな酸が丸い印象を与えます。ブドウの個性に加え、土地の味わいも表現されています。

2019年

3月

27日

ベルコッレ・バローロ 2014

ベルコッレ・バローロ 2014 イタリア ボジオファミリーエステイト ピエモンテ 赤   フルボディ ネッビオーロ  \2,500 

チェリー等の黒系果実とすみれ、なめし皮、コーヒー、白コショウ等を伴う複雑な香り。しっかりとしたオーク樽の華やかなアロマ。赤系果実とミネラルやスパイスのニュアンスでバランスが良く、上品なタンニンと豊かな果実味が感じ取れ上品な余韻が長く続く。若き当主、ルカ・ボジオによってピエモンテに設立されたボジオ・ファミリーエステート。伝統を守りつつ、最新の設備を導入するなど、常に新しい挑戦に邁進。評論家が海外から訪れるなど、そのクオリティーの高さが伺える注目のワイナリー。

2019年

3月

26日

フューグ・ド・ネナン 2008

フューグ・ド・ネナン 2008 イタリア  ボルドー・ポムロル 赤   フルボディ カベルネF25メルロ75  \5,500 

ここはポムロルでも歴史のあるシャトーネナンのセカンドで、1847年から1997年までは、1997年にレオヴィルラスカーズのディロンとユベールドゥロンに売却された。98年以降高品質のワインを生産しています。

2019年

3月

25日

サルジェ・ド・グリュオーラローズ 2002

サルジェ・ド・グリュオー・ラローズ  2002 フランス  ボルドー・サンジュリアン 赤   フルボディ カベルネS80メルロ11プティヴェルド6カベルネF3   \6,000 

サンジュリアン格付け2級、偉大なシャトー・グリュオー・ラローズのセカンド。並の格付けシャトー以上のクオリティを持つセカンドの希少バックヴィンテージ

2019年

3月

23日

バルベラ・デル・モンフェッラート・ロッソ 2017

バルベラ・デル・モンフェッラート・ロッソ 2017 イタリア フランチェスコ・ブレッツァ ピエモンテ 赤   ミディアムボディ バルベラ  \2,200 

ブドウ畑10ヘクタールを含む40ヘクタールの所有地を使って肉牛を飼い、与える餌もすべて自家生産したものを使用、ワラと牛糞を使って堆肥を作りそれを畑に返すという完全循環型のバイオダイナミックス農法を30年以上実践している。ワイナリーでもごく少量の2酸化硫黄以外の薬剤は一切使用しない。

2019年

3月

22日

サヴィニ・レ・ボーヌ・レ・ゴラルド2014

サヴィニ・レ・ボーヌ・レ・ゴラルド 2014 フランス ジャスティン・ジラルダン ブルゴーニュ 赤   フルボディ ピノノワール \3,800 

全体の20%に新樽、残りは1、2、3年樽、および3年以上の古い樽を同じ比率(20%)で使用しています。軽くフィルターを通し、月のカレンダーに従って瓶詰します。苺やベリーの甘みがしっかりとあり、樽はほのかに感じる程度、すっと入ってくるエレガントなスタイルです。集約しているが、ボリュームだけでなくフィネスがあります。「サヴィニ レ ボーヌはフェミニンなイメージ。サントネの方が樹齢が古く、樹木も太いため力強い味わい。」とジャスティンは語っていました(2015訪問時)。

2019年

3月

20日

ラ・クエルチョーラ 2015

ラ・クエルチョーラ 在庫2 2015 イタリア マッサ・ヴェッキア トスカーナ 赤   フルボディ サンジョベーゼ主体アリカンテ \8,000 

クエルチョーラと呼ばれる区画に植わるサンジョヴェーゼとアリカンテで造られるワイン。2012年は、激しい乾燥に見舞われた年で、ブドウにもある種のナーバスさを感じるヴィンテージでした。2012年のクエルチョーラは、醗酵がなかなか終わらず通常2年のところ約4年の樽熟成を経てボトリングされました。とてつもないエネルギーを内包したワインですので、当分の間抜栓を控えることをお勧めします。間違いなく彼らの2012ヴィンテージを代表するワインです。

2019年

3月

19日

ブルゴーニュ・ルージュ・ヴィーニュ・ブランシュ 2016

ブルゴーニュ・ルージュ・ヴィーニュ・ブランシュ 2016 フランス ドメーヌ・ターズ ブルゴーニュ 赤   ミディアムボディ ピノノワール \3,300 

国道の東側にある区画から造られるブルゴーニュ・ルージュだが、なかなかどうして。ジュヴレ・シャンベルタンの血筋を感じさせる、引き締まった筋肉。凝縮感こそ村名ジュヴレに及ばぬものの、ACブルゴーニュ以上のパワーがある。また醸造においてはこれまで100%除梗していたが、ヴィンテージやキュヴェによっては10?15%全房で仕込みを行う。

2019年

3月

18日

ブリュット・ロゼ ジャニソン

ブリュット・ロゼ  フランス ジャニソン・エ・フィス シャンパーニュ スパークリング  \3,850 辛口 ピノノワール90シャルドネ10 \5,800 

一次発酵は温度制御可能なステンレスタンクにて伝統的な手法で行う。清澄に動物性のタンパク質の使用をやめ、植物性のタンパク質を使用。また、ワインから酸素を取り除く工程で亜硫酸塩の使用を減らしている。ドサージュ8g/L。

2019年

3月

16日

ガティノワGCアイ・トラディシオン・ブリュット

シャンパーニュGCアイ・トラディシオン・ブリュット  フランス ガティノワ シャンパーニュ スパークリング   辛口 ピノノワール90シャルドネ10  \5,600 

PN80~90%CH10~20%。ドザージュは低く7g/L。シャンパーニュがまだスティルワインしか作っていなかった時代はアイルージュを王侯貴族が取り合いしていたPNの産地としては古くから有名なエリア。ヴァレ・ド・ラ・マルヌのグランクリュとしてはTOPの産地。PNの割合が高いので僅かにピンク色が入る。滑らかで落ち着きがあり重さもありフィネスもある。

2019年

3月

15日

フランチャコルタ・サテン

フランチャコルタ・サテン 2012 イタリア コンタディ・カスタルディ ロンバルディア スパークリング   辛口 シャルドネ100  \4,700 

シャルドネ100%から生まれるこのフランチャコルタは、コンタディ・カスタルディのトップアイテムです。60ヶ月もの瓶内熟成を経て市場に出されるため、非常に繊細でクリーミーな泡と、上質で広がりのある香り、そしてとても余韻が長くつづきます。

2019年

3月

13日

ムルソー・レ・ティレ 2015

ムルソー・レ・ティレ 2015 フランス ドメーヌ・ジョバール・モレ ブルゴーニュ 白   辛口 シャルドネ \7,600 

近年力を伸ばしている新進気鋭の若手生産者。冷涼なレ・ティレの畑からは、香りが華やかで美しい酸の通った緊張感あるワインが造られます。 醗酵:オーク樽   熟成:オーク樽 12カ月 (新樽25%、228L)

2019年

3月

12日

デューレ・クラシコ 2013

デューレ・クラシコ 2013 イタリア ジュセッペ・ガッバス サルディーニャ 赤   フルボディ カンノナウ \4,000 

芽の数をぎりぎりまで減らして生産量を抑え、品質を高めています。3~4ヶ月1年樽のバリックで、その後8~9ヶ月新樽で熟成させます。干し葡萄、チョコレート、キャラメル、エスプレッソの風味があります。アマローネのようなニュアンスも感じられます。デューレの名前は畑に由来しています。’11年ヴィンテージから、クラッシコ表記となりました。カンノナウ ディ サルデーニャの中でもクラッシコと呼べるゾーンは2つしかなく、最も古くからある場所です。土壌は主に花崗岩で、夏でも涼しさを保ち、風通しが良く乾燥した気候は葡萄栽培に最適です。

2019年

3月

11日

カル・ピン 2016

カル・ピン 2016 スペイン ロス・ピノス 地中海地方 バレンシア 赤   フルボディ モナストレル40カベルネS20メルロ20  \1,500 

Ca‘ls Pinsとは、「松の木の家」の意味です。葡萄の樹齢は平均で25年、収穫量は30hl/haと低く抑えています。発酵はコンクリートタンクで24度に温度コントロールしながら、約7日間行います。熟成はフレンチオーク樽(2、3年樽)で4か月寝かせます。濃い赤紫色、フルーティな果実味、心地よくしなやかなタンニンがあり、とてもバランスのとれた味わいです。

2019年

3月

09日

カヴァ・グラン・キュヴェ・ジョセップ・ヴァイス

カヴァ・グラン・キュヴェ ジョセップ・ヴァイス  スペイン ロジャーグラード 地中海地方 ペネデス スパークリング   やや辛口 シャルドネ35チャレッロ30マカベオ20パレリャーダ15 \1,980 

ぶどうの出来の良い年にのみ生産される48ヶ月間じっくりと熟成を行う最高級品です。きめ細やかな泡立ちで、シルクのような滑らかな口当たり。フレッシュな酸、ミネラル感、柑橘系果実とともに、熟した果実味や長期熟成による奥深さも感じられます。余韻には、イースト香やほのかなグレープフルーツの皮のような苦みが、心地よく残ります。

2019年

3月

08日

オーコートドニュイ・ルージュ レ・ダム・ユゲット 2016

オーコートドニュイ・ルージュ・レ・ダム・ユゲット 2016 フランス モンジャール・ミュニュレ ブルゴーニュ 赤   フルボディ ピノノワール \ \3,700 

NSG村のリューディ レ・ダム・ユゲットに2.3610ha 所有。ピノノワール100%。除梗100%。1年樽使用。 ドメーヌの他ラベルとは一線を画すデザイン。当主の妻や娘の意見。ラベルの印象通り軽やかで可憐でソフトな印象。それでいてしっかりとした芯を感 じます。花の香りが良く出ていてフィネスある造り。オート コートドニュイは酸の強さが印象的ですが、 これはとてもバランス良く仕上がっていると当主評。

2019年

3月

07日

ヴァルポリチェッラ・クラシコ 2017

ヴァルポリチェッラ・クラシコ 2017 イタリア モンテ・デル・フラ ヴェネト 赤   ミディアムボディ コルヴィーナ・ヴェロネーゼ、コルヴィノーネ80ロンディネッラ20  \2,100 

マラスカやサクランボの花の香りにスパイシーさが伴う。非常にエレガントで調和の取れた味わいの辛口赤ワイン。食前酒としてはもちろんのこと、軽いソースのパスタ料理や脂身の少ない肉料理に。

2019年

3月

06日

シャルドネ・ピノノワールNV

シャルドネ・ピノノワールNV  オーストラリア デューンズ&グリーン 南オーストラリア スパークリング   やや辛口 シャルドネ、ピノノワール  \1,800 

レモンの皮、新鮮なストロベリー、クリームのようなアロマ。シャルドネが柑橘やフレッシュな酸を与え、ピノ・ノワールが豊かさや骨格を与えています。洗練されたフィニッシュを伴う豊かなフレーヴァーのスパークリングです。

2019年

3月

05日

ニュイサンジョルジュ・ラ・シャルモット 2015

ニュイサンジョルジュ・ラ・シャルモット 2015 フランス ティボー・リジェ・ベレール ブルゴーニュ 赤   フルボディ ピノノワール  \7,900 

0.40ha、1962年植樹。プルミエ・クリュの境界線沿いにあり、アペラシオンの北側に位置する。名前の通りヴォーヌロマネの魅力“charme”とニュイ・サン・ジョルジュの骨格を備えている。生き生きとしたフルボディ。ブラックチェリーにうっすら梅を感じます。フレッシュで、クリーン、そしてフィニッシュにミネラルを感じるワインです。

2019年

3月

04日

キュヴェ・ブリュット フェデリチャーネ

キュヴェ・ブリュット  イタリア フェデリチャーネ カンパーニャ スパークリング   やや辛口 ファランギーナ、コータ・ディ・ヴォルペ \1,800 

ファランギーナ、コータ・ディ・ヴォルペから造られる。やや辛口のスパークリング。

2019年

3月

01日

メルロ 2005 ラディコン

メルロ  在庫2 2005 イタリア ラディコン フリウリ 赤   フルボディ メルロ  \6,000 

苗の密植、限りなく遅い収穫、長いスキンコンタクト、オーク樽での熟成。あくまで自然なままのワイン造りを目指しており化学肥料を使用せず、ろ過も行いません。ブドウの特徴を最大限に引き出すため白ワインにもマセラシオン期間を設けており、色は非常に濃く複雑で飲み応えのある独特な味わいに仕上がっています。一度味わってその世界を見出せた人々からは毎年高い評価を得ています。

2019年

2月

28日

ヴォーヌロマネ 2015 アラン・ユドロ・ノエラ

ヴォーヌロマネ 在庫5 2016 フランス アラン・ユドロ・ノエラ ブルゴーニュ 赤   フルボディ ピノノワール  \7,900 

ユドロ・ノエラはヴィニューとバス・メジエールの間に村名ヴォーヌ・ロマネの区画を所有する。果実味の充実度に加え、きれいな酸と、キメ細かなタンニン。優雅な余韻を備え、エレガントなフィニッシュ。

2019年

2月

26日

クロ・ヴージョ 2016 アラン・ユドロ・ノエラ

クロ・ヴージョ 在庫2 2016 フランス アラン・ユドロ・ノエラ ブルゴーニュ 赤   フルボディ ピノノワール  \24,000 

生まれるワインはアランが手掛けていたときと同じく、濃厚な色調に、各要素がたっぷりと抽出された、強い風味の集中力を感じさせてくれるもの。シャンボールやヴォーヌ=ロマネといった一般的にエレガントなタイプを生むアペラシオンでも、凝縮感あるワインに仕上がっていて、飲み応えも十分。

2019年

2月

25日

シャンボール・ミュジニ 2016 アラン・ユドロ・ノエラ

シャンボール・ミュジニ 在庫2 2016 フランス アラン・ユドロ・ノエラ ブルゴーニュ 赤   フルボディ ピノノワール  \7,900 

生まれるワインはアランが手掛けていたときと同じく、濃厚な色調に、各要素がたっぷりと抽出された、強い風味の集中力を感じさせてくれるもの。シャンボルやヴォーヌ=ロマネといった一般的にエレガントなタイプを生むアペラシオンでも、凝縮感あるワインに仕上がっていて、飲み応えも十分。

2019年

2月

25日

サッサイア 2017 ラ・ビアンカーラ

サッサイア  2017 イタリア ラ・ビアンカーラ ヴェネト 白   辛口 ガルガーネガ100 \2,700 

畑の土壌は火山岩質で、ミネラル分に富んでいる。斜面も日照条件のいい南東‐南西向き。畑では無施肥による有機農法を実践、ブドウの収量制限、すべてのワインを野生酵母で醗酵、瓶詰めまで2酸化硫黄未添加、バリックから大樽への回帰など醸造理論に関しては、エドアルド・ヴァレンティーニ、ジャンフランコ・ソルデーラ、ヨスコ・グラヴナーらと考えを共する生産者。

2019年

2月

23日

シャンボール・ミュジニ 2013 ドミニク・ローラン

シャンボール・ミュジニ 在庫6 2013 フランス ドミニク・ローラン ブルゴーニュ 赤   フルボディ ピノノワール  \5,200 

ネゴシアンの手がけるオート・クチュール。今年は評価の高いヴォーヌ・ロマネの1級畑やミュジニー、エシェゾーと言った特級の偉大なテロワールに例えられるコンブ・ドルヴォーの区画を少なめにし、その代わり村の特徴を良く表すヴィラージュの割合を増やした。シャンボールとしては少し凝縮している方だが、野生の木イチゴの香りがしっかりと現れる。プルミエ・クリュのワインがブレンドされているので、熟成に時間が必要。

2019年

2月

21日

ボーヌ1erVV 2013 ドミニク・ローラン

ボーヌ1erVV 在庫6 2013 フランス ドミニク・ローラン ブルゴーニュ 赤   フルボディ ピノノワール  \4,000 

このワインは、我々のフラッグシップとなる存在。まず最初は自然さ感じ、次にボーヌの細やかな葡萄の粒。特有のアロマを感じ(新樽は必要無い)、天然のスモークの香りがある!このワインは1987年から造っている私にとって最も古いキュヴェで、良い年は早い段階では閉じた感じで、あまり良くない年は早くから開き美味しい。2014は収量が少なく、果実は小さく稀なほど凝縮したワインになった。

2019年

2月

20日

クロ・ヴージョ 2013 ドメーヌ・ローラン

クロ・ヴージョ 2013 フランス ドメーヌ・ローラン ブルゴーニュ 赤  \12,500 フルボディ ピノノワール  \14,500 

栽培は全て有機農法。毎年少しずつ買い足される畑の選定基準は樹齢が古いこと。樹齢80年程の古樹が中心です。ぶどうは除梗せず全房発酵され、瓶詰めまでSO2は添加せず、補糖は一切行いません。ネゴシアンのワインは平均2年間樽熟成をしますが、ドメーヌの樽熟成期間は1年間という短期間の熟成。樽より瓶熟成の方がゆっくり熟成する、という理由からです。

2019年

2月

19日

ニュイサンジョルジュ1erレ・ダモード 2013 ドメーヌ・ローラン

ニュイサンジョルジュ1erレ・ダモード 2013 フランス ドメーヌ・ローラン ブルゴーニュ 赤   フルボディ ピノノワール  \8,000 

栽培は全て有機農法。毎年少しずつ買い足される畑の選定基準は樹齢が古いこと。樹齢80年程の古樹が中心です。ぶどうは除梗せず全房発酵され、瓶詰めまでSO2は添加せず、補糖は一切行いません。ネゴシアンのワインは平均2年間樽熟成をしますが、ドメーヌの樽熟成期間は1年間という短期間の熟成。樽より瓶熟成の方がゆっくり熟成する、という理由からです。

2019年

2月

18日

エスプリ・ド・パヴィ 2011

エスプリ・ド・パヴィ 2011 フランス  ボルドー 赤   フルボディ メルロ70カベルネF30 \2,800 

サン・テミリオンの頂点に立つシャトー・パヴィが造る、リーズナブルなサードワイン。ファーストワインで使われた樽を贅沢に使い、パヴィのエッセンスを楽しめます。 醗酵:ステンレスタンクで主醗酵後、マロラクティック醗酵   熟成:フレンチオーク樽にて15カ月間(パヴィかモンブスケで使用された樽を使用)

2019年

2月

16日

エル・デュ・シャトー・ロー・リオ・ルージュ 2011

エル・デュ・シャトー・オー・リオ・ルージュ 2011 フランス  ボルドー 赤   ミディアムボディ カベルネS95メルロ5  \1,800 

ボルドーの赤ワインの上品な姿。滑らかなタッチ、女性的なソフトな風合いと共に、凛とした印象も残る一本。平均樹齢30年。樽で6ヶ月の熟成。年産25000本。

2019年

2月

15日

シャトー・ロスピタル・キュヴェ・メルロ・マルベック 2006

シャトー・ロスピタル・キュヴェ・メルロ・マルベック 2006 フランス  ボルドー・コート・ド・ブール 赤   フルボディ メルロ70マルベック30  \2,000 

スミレの香りにクローブなどのスパイスやスモークのニュアンス。しっかりしたタンニンながら豊かな果実味があり、深みのある味わい。平均樹齢メルロ35年、マルベック25年。収量35hl/ha。 剪定はギュイヨ仕立て。年産12,000本。手摘みによる収穫。100%除梗。新樽で12ヶ月の熟成。

2019年

2月

14日

リュリ・ブラン 2017 ジョセフ・ドルーアン

リュリー・ブラン 2017 フランス ジョセフ・ドルーアン ブルゴーニュ 白   辛口 シャルドネ  \2,800 

魅力でいっぱいのワインです。 コート・ドールの延長上、サントネの南数キロのところに、リュリー村はあります。 色は魅惑的な純粋さと輝きがある美しいホワイトゴールド。 香は、アーモンド、柑橘類ニュアンスにあふれ、フレッシュで、フルーティー。 味わいは、フレッシュでエレガント。 繊細で魅力的な余韻が長く続きます。

2019年

2月

13日

キュヴェ・ラキュストル・ピノノワール

キュヴェ・ラキュストル・ピノノワール  フランス レ・カーヴ・デュ・シュールダルク ラングドック 赤   ミディアムボディ ピノノワール  \1,350 

輝くルビー色。カシスのアロマにスパイスのニュアンス。チェリーを思わせるフルーティな味わい。しっかりしたストラクチャーを持ちながらも、タンニンが柔らかくバランスのとれた一本。ピノノワールにミネラル感とフィネスを与える、リムーの典型的な湖成沖積土由来の石灰質土壌。(キュヴェ名のラキュストルとは湖に由来するこの土壌を指す。)

2019年

2月

12日

コートドニュイヴィラージュ・レ・ヴィニョット 2016

コート・ド・ニュイVレ・ヴィニョット 在庫3 2016 フランス JJコンフュロン ブルゴーニュ 赤 3  フルボディ ピノノワール \5,600 

ニュイ・サン・ジョルジュ1級クロ・ド・ラ・マレシャルの下に位置するコート・ド・ニュイ・ヴィラージュの畑。色は深いルビー色をし、ダークチェリーのアロマが広がる。ミディアムボディでタンニンは丸く、アフターに香ばしいカカオのフレーバー。

2019年

2月

09日

ニュイサンジョルジュ1erオー・クラ 2016

ニュイサンジョルジュ1erオー・クラ 在庫3 2016 フランス デュジャック・F・P ブルゴーニュ 赤 3  フルボディ ピノノワール  \9,500 

2000年が初ヴィンテージのデュジャックネゴシアンもの。ぶどうが自社畑産でないという点を除けば、栽培から、醸造、瓶詰めにいたるまでドメーヌのワインとなんら変わるところはありません。

2019年

2月

08日

ヴォーヌロマネ1erオー・ブリュレ 2016 ミッシェル・グロ

ヴォーヌロマネ1erオー・ブリュレ 在庫3 2016 フランス ミシェル・グロ ブルゴーニュ 赤   フルボディ ピノノワール  \14,500 

A-Fグロのリシュブールに隣接する区画。小石の多い土壌で水はけがよく、ミネラル感の強いワインが生まれる。フィネスはリシュブール並みに感じられる一方、表土が浅く、タンニンはよりまろやかで飲み頃は早く来る。エレガントなスタイルのオー・ブリュレ。

2019年

2月

06日

ヴォーヌロマネ1erレ・ボーモン 2016 JJコンフュロン

ヴォーヌロマネ1erレ・ボー・モン 在庫2 2016 フランス JJコンフュロン ブルゴーニュ 赤 2  フルボディ ピノノワール \ \17,000 

リシュブールとエシェゾーに挟まれた位置にあるレ・ボー・モン。凝縮度の高いブラックベリーやダークチェリーの香り。口に含んでもたっぷりとした集中力が感じられ、ストラクチャーもしっかり。アフターには甘草とカカオのスパイシーなフレーバー。余韻はすこぶる長い。

2019年

2月

04日

ブルゴーニュ・ルージュ 2013 ユベール・リニエ

ブルゴーニュ・ルージュ 2013 フランス ユベール・リニエ ブルゴーニュ 赤   フルボディ ピノノワール  \3,500 

かつてはリッチで凝縮感が高く、新樽の香りも強かったユベール・リニエのワインだが、故ロマンがスタイルを微調整し、バランスのよいものに仕上げてからというもの、昔のユベール・リニエを支持していたアメリカ市場だけでなく、世界的に高い評価を受けるようになっていた。

2019年

2月

02日

バローロ セッラルンガ 2013

バローロ・セッラルンガ 2013 イタリア プリンチピアーノ・フェルディナンド ピエモンテ 赤   フルボディ ネッビオーロ \5,500 

ブドウ樹1本あたりの収量を750gから最大でも1.5kgに抑えるため、間引きを進め、醸造もクラシックなスタイルとなった。サステイナブルで自然環境との調和をとるスタイルを実現するために、野生酵母で発酵することを好み、発酵時には温度管理も硫黄の添加も行わない。ルモンタージュはポンプを行わずに、手作業で行うことにした。SO2を使用するのはビン詰め時のみで、清澄も濾過も行わない。

2019年

2月

01日

ガラティーナ・ロッソ 2016 フィオレンティーノ

ガラティーナ・ロッソ 2016 イタリア フィオレンティーノ プーリア 赤   ミディアムボディ ネグロアマーロ70プリミティーボ30  \1,900 

南のワインらしい、濃く素朴な味わい。いやな甘さが残らないので、飲みやすく仕上がっています。

2019年

1月

31日

フェザー・イン・ギャップ・メルロ 2016

フェザー・イン・ギャップ・メルロ 2016 オーストラリア アラミス・ヴィンヤーズ 南オーストラリア州マクラーレン・ヴェイル 赤   ミディアムボディ メルロ \1,600 

力強さとリッチな味わいを持ち、それでいてやわらかくエレガントなスタイルに仕上がっています。口当たりはジューシーでスムーズ、プラムやブラックチェリーのアロマとフレイバーがあります。熟していて丸みのあるキャラクターは様々なお料理によく合います。

2019年

1月

30日

ストラタム・シャルドネ 2017 シャーウッド・エステート

ストラタム・シャルドネ 2017 ニュージーランド シャーウッド・エステート 南島 マールボロ 白   やや辛口 シャルドネ  \2,100

熟したリンゴ、シトラスの穏やかなアロマにオーク樽の香りが混じります。熟した梨とスパイスが見事にバランスされたフルーティーかつ滑らかな味わい。丸みを帯びた余韻が続きます。

2019年

1月

29日

ストラタム・ソーヴィニヨンブラン 2016 シャーウッド・エステート

ストラタム・ソーヴィニヨンブラン 2016 ニュージーランド シャーウッド・エステート 南島 マールボロ 白   やや辛口 ソーヴィニヨンブラン100 \1,900 

色合いは淡いレモンイエロー。香りはグーズベリーとトロピカルフルーツの豊かな香りが感じられ、味わいはフレッシュで生き生きとしていながらも、リッチで凝縮した果実味が特徴。さらに、長い余韻が味わいを引き立てます。

2019年

1月

28日

ブルゴーニュ・ルージュ 2013 ユベール・リニエ

ブルゴーニュ・ルージュ 2013 フランス ユベール・リニエ ブルゴーニュ 赤   フルボディ ピノノワール  \3,500 

かつてはリッチで凝縮感が高く、新樽の香りも強かったユベール・リニエのワインだが、故ロマンがスタイルを微調整し、バランスのよいものに仕上げてからというもの、昔のユベール・リニエを支持していたアメリカ市場だけでなく、世界的に高い評価を受けるようになっていた。

2019年

1月

26日

ピノノワール・カリフォルニア 2017 スリー・シーヴズ

ピノノワール・カリフォルニア 2017 アメリカ スリー・シーヴズ カリフォルニア州 赤   ミディアムボディ ピノノワール76シラー18プティシラー6  \1,900 

赤いベリーにほんのりとスパイシーな香り。優しい口当たりとともに広がる果実感、上品な渋みが味わいを引き締める。

2019年

1月

25日

セブン・デットリー・ジンズ オールドヴァイン・ジンファンデル

セブン・デットリー・ジンズ オールドヴァイン・ジンファンデル 2015 アメリカ マイケル・デイビッド カリフォルニア・セントラル・ヴァレー・ロダイ 赤   フルボディ ジンファンデル主体プティシラー  \3,050 

リッチで滑らかなテクスチャー、マイルドなタンニンのある美しいガーネット色をしたワイン。タルト・チェリー、ラスベリーやキャラメルの複雑なアロマが、チョコレートケーキやオークから来るバニラ、スパイス、豊かに感じるスモークした木のようなフレーヴァーを包み込んでいる。

2019年

1月

24日

ガルダ・メルロ 2016 ラ・プレンディーナ・ピオーナ

ガルダ・メルロ  2016 イタリア ラ・プレンディーナ・ピオーナ家 ロンバルディア 赤   ミディアムボディ メルロ85カベルネS15  \1,600 

甘く熟したプルーンのような香りがあります。自信をもっておすすめ出来るアイテムです。「ラッキーなことに、この地区のメルロは草っぽくならない。いい葡萄さえ造れば、いいワインに出来る。」ルチアーノお気に入りのワインです。畑は石灰質土壌で、大小の石があり水はけが良く、ガルダ湖によるミクロクリマ(微気候)の影響で気候はとても穏やかです。仕立ては、コルドーネ スペロナート。醸造は、葡萄によって成熟の時期が異なるため、別々に行われます。メルロは、タンニンと糖分を抽出するためより長い醸しを行います。4~5年樽を使用しています。

2019年

1月

23日

ストラタム・ピノグリ 2016 シャーウッド・エステート

ストラタム・ピノグリ 2016 ニュージーランド シャーウッド・エステート 南島 マールボロ 白   やや辛口 ピノグリ \\2,100 

爽やかなライチ、洋ナシ、桃を思わせる香りに微かに樽の香りが混じります。フレッシュで豊かな果実味の見事にバランスの取れた味わいです。

2019年

1月

22日

シャルドネ スペルバウンド

シャルドネ 2016 アメリカ スペルバウンド カリフォルニア 白   やや辛口 シャルドネ80その他  \2,600 

樽とステンレス・タンクで発酵。スタンレス・タンク、アメリカン・オーク、フレンチ・オークで熟成。 発酵と熟成に樽を使用することで、力強さや凝縮感、複雑性が生まれ、フレッシュ・ヴァニラやクレーム・ブリュレの ような風味が与えられます。活き活きとした酸を保つため、10%ほどステンレスタンクを使用します。鮮やかな色調、 リッチなフレーバー、完璧なバランスを備えた溌剌としたシャルドネです。

2019年

1月

21日

フリークショー・カベルネソーヴィニヨン 2015 マイケル デイビッド

フリークショー・カベルネS 2015 アメリカ マイケル・デイビッド カリフォルニア・セントラル・ヴァレー・ロダイ 赤   フルボディ カベルネソーヴィニヨン90プティシラー10  \2,800 

大胆かつ複雑なワイン。甘いブラックベリー、ブラックチェリーのフレーヴァーが豊かで、シナモン、ナツメグ、ウッド・スモーク、ダーク・チョコレートなどのオークから来る沢山の要素を含む。赤身肉との相性はばっちり!

2019年

1月

19日

100%ムニエ・ブリュット サルモン

100%ムニエ・ブリュット  フランス サルモン シャンパーニュ スパークリング   辛口 ピノムニエ100  \6,700 

ショミュジー産のピノ・ムニエ100%。樹齢約40年のVV。3年間以上ビン熟成。ヴァン・ド・レゼルヴは40%。ドザージュは7g/l。

2019年

1月

18日

ブリュット・レゼルブ・ブランドブラン ロベール・シャルルマーニュ

ブリュット・レゼルヴ・ブラン・ド・ブラン GC  フランス ロベール・シャルルマーニュ シャンパーニュ スパークリング   辛口 シャルドネ  \6,400 

50%ル・メニル・シュル・オジェ、50%オジェのシャルドネ100%。平均樹齢30年。4~5年間ビン熟成。ヴァン・ド・レゼルヴ(約20%)は3~5年分。ドザージュは5~6g/l。

2019年

1月

16日

ブルゴーニュ・ルージュ・ルノメ 2014 ルモワスネ

ブルゴーニュ・ルージュ・ルノメ 2014 フランス ルモワスネ ブルゴーニュ 赤   ミディアムボディ ピノノワール  \2,800 

ブルゴーニュ地方の著名なネゴシアンで、膨大な古酒のストックを持っています。ルモワスネは、ルソーやデュジャック、グロなどから尊敬される人物でもあります。品質は非常に安定しています。ルノメは、名声の意味です。葡萄の出来のよい年だけに造られるキュヴェ。ニュイ地区の葡萄が使われます。

2019年

1月

15日

シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド 2007

シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド 2007 フランス  ボルドー・ポイヤック 赤   フルボディ カベルネS46メルロ34カベルネF12プチヴェルド5  \18,000 

元々はピション・ロングヴィル・バロンとひとまとまりの畑でしたが、1864年に分割されました。近代設備を用いながら素晴らしいワインを生んでいます。

2019年

1月

12日

ブルゴーニュ・ブラン 2017 ジャン・マルク・ボワイヨ

ブルゴーニュ・ブラン 2017 フランス ジャン・マルク・ボワイヨ ブルゴーニュ 白   辛口 シャルドネ  \2,800 

赤、白半々の割合から成る10ヘクタールの地所を運営するジャン・マルクは、ソゼを経営するジェラール・ブドの妻ジャニーヌ、ドメーヌ、ジャン・ボワヨ・エ・フィスの当主アンリと兄弟の間柄。80年代の後半、本格的にドメーヌの経営と元詰めに乗り出すにあたって、先の2ドメーヌから相続の分与を受けた。なかでもソゼからはピュリニーのコンベット、トリュフィエールと珠玉の区画を受け継いでいる。

2019年

1月

11日

タウラージ・ラディーチ 2014 マストロ・ベラルティーノ

タウラージ・ラディーチ 2014 イタリア マストロベラルティーノ カンパーニャ 赤   フルボディ アリアニコ100  \5,900 

スパイスや珈琲、ブルーベリー、チェリー等の果実のアロマが豊か。しっとりと滑らかな舌触り。豊かなタンニンはキメ細かく、明るくいきいきとした酸と果実味のバランスが良い。

2019年

1月

10日

プティット・シラー 2015 スペルバウンド

プティット・シラー 2015 アメリカ スペルバウンド カリフォルニア 赤   フルボディ プティットシラー76その他  \2,600 

100%ステンレス・タンクで発酵。アメリカン・オーク、フレンチ・オークで熟成。タンニンを和らげ、閉じ気味の果実味を引き出すために、平均よりやや短めの発酵とスキンコンタクトを行ないま す。発酵後は樽に移し、キャラメル、ヴァニラ・ビーンズ、コーヒーの美しいフレーバーを引き出します。濃く美しい 色調、ベリー系果実味、豊かなテクスチャーが完璧なバランスを見せ、スペルバウンドの商品の中で最も心躍る ワインです。特にプティット・シラーに力を注いでいます。

2019年

1月

09日

アニモ・カベルネソーヴィニヨン 2013 マイケル・モンダヴィ

アニモ・カベルネソーヴィニヨン 2013 アメリカ マイケル・モンダヴィ カリフォルニア・ナパヴァレー 赤   フルボディ カベルネソーヴィニヨン  \12,000 

“Animo(アニモ)”はイタリア語で“魂”を意味しています。これまでの経験から、マイケル・モンダヴィ・ファミリーは、魂をもつ場所というものがあると感じており、このワインはまさにそのような畑から造られています。畑はアトラス・ピークの頂上部(標高390-411メートル)に位置し、6ヘクタールの畑は石の多い火山土壌となり、フォス・ヴァレーを見下ろす急斜面の渓谷です。1999年にマイケル・モンダヴィ・ファミリーにより購入、植樹されました。

2019年

1月

08日

シャトー・ヌフ・デュ・パプ・ブラン・クラシック 2013 ナリス

シャトー・ヌフ・デュ・パプ・ブラン・クラシック 2013 フランス ドメーヌ・デュ・ナリス コートデュローヌ 白   辛口 グルナッシュブラン、クレレット、ブールブラン主体ルーサンヌ、ピクプール、ピカルダン  \4,800 

シャトーヌフデュパプ近代化の礎を築いたドクター・デュファイの意志を受け継ぐ名門。最上区画と称されるラ・クラウにボワ・セネシャル、ナリスの3区画を所有。AOC認可されている全ての葡萄を用いる複雑味のあるスタイル。醸造・熟成:天然酵母、全房発酵、ステンレスタンク、MLFせず ルーサンヌのみ個別に樽発酵、樽熟成 

2019年

1月

07日

コルナス・プティ・ブー 2014 ミカエル・ブール

コルナス・レ・プティ・ブー 2014 フランス ミカエル・ブール コートデュローヌ 赤   フルボディ シラー \7,000 

2004年に独立したコルナスの新星ミカエル・ブール。その手腕を買われ、巨人ティエリー・アルマンからサン・ペレの畑を分けて貰いました。小さな畑は全てビオロジックで栽培。コルナスの葡萄はかのフィリップ・パカレやシャプティエが買い求めることからも実力の高さが伺い知れます。葡萄:シラー  土壌:粘土石灰混じりの花崗岩、花崗岩  醸造:樹齢ごとに手摘み、全房、タンク熟成:15カ月樽熟成、瓶詰め前にタンクでアッサンブラージュ

2013 コミス・ヴェレノーゼ・ロッソ ラ・ソガーラ  ¥1.400

2015 ヴォーヌロマネ ミュニュレ・ジブール ¥11.000

2016VDF・シャポー・ムロン白 ジェレミー・ユシエ ¥1.800

2012 ブリーチェンズ・シャルドネ・セミヨン白 マーヴェリック ¥2.400

2013ヴァンジール・コーヒー・ピノタージュ赤 イムブコ・ワインズ ¥1.800

2013 コンスタンス・ブラン・コートドカタランヌ白 チュヌヴァン ¥2.300

1997 シャトー・オー・ヴェルジェイ赤 ¥2.700

2016 ヴィーニャ・ヴェルデ白 デ・バルトリ ¥2.800

2016 ソーレ・イ・ヴェント白 デ・バルトリ ¥2.800

2016 ルーチド白 デ・バルトリ ¥2.500

2015 ブルゴーニュ・ルージュ・レ・シャン・ダルジャン Jカシュー ¥3.000

2015 ブルゴーニュ・ブラン・クロデュミュルジェ A・グリヴォー ¥3.900

2015 ムルソー・クロデュミュルジェ A・グリヴォー ¥6.800

2015 ブルゴーニュ・アリゴテ ジャイエ・ジル ¥2.300

2015 ブルゴーニュ・パストゥグラン ジャイエ・ジル ¥2.300

2013 キアンティ・クラシコ・アルジェニーナ イル・パラッツィーノ ¥2.800

2009 ガラトローナ ペトローロ ¥12.000

2008 シャトー・ラネッサン ¥2.600

2013 ドンナ・マリア・シラー ヴィーニャ・ファレルニア ¥1.700

2013 エピス白 マルク・テンペ ¥3.500

2014 リースリング・リクヴィル白 マルク・テンペ ¥4.200

2014 リクヴィル・アンヌ白 マルク・テンペ ¥3.500

2015 ブルゴーニュ・ルージュ ベルトラン・アンブロワーズ ¥2.500

2014 モンテプルチアーノ・ダブルッツォ ヴィッラ・メドーロ ¥1.800

 

201710月ワイン入荷案内

シ・ドゥー・シ・グルグルNV フランス アルザス

クリスチャン・ビネール 白 ¥4.000 5本 → 10/4入荷予定

ブルゴーニュ・ブラン 2014 フランス ブルゴーニュ

ヴァンサン・ダンセール 白 ¥4.300 6本 → 10/4入荷予定

ジュヴレ・シャンベルタン・オー・シェゾー 2015 フランス ブルゴーニュ

フーリエ 赤 ¥10.000 1本 → 10/4入荷予定

ジュヴレ・シャンベルタン1er・クロ・サンジャック 2015 フランス

ブルゴーニュ フーリエ 赤 ¥33.000 1本  → 10/4入荷予定

ジュヴレ・シャンベルタンVV 2015 フランス ブルゴーニュ

フーリエ 赤 ¥11.000 2本 → 10/4入荷予定

モレサンドニ・クロ・ソロン 2015 フランス ブルゴーニュ

フーリエ 赤 ¥10.000 2本 → 10/4入荷予定

シャトー・テシエ 2014 フランス ボルフォー サンテミリオン

赤 ¥4.000 6本 → 10/4入荷予定

VDFコート・ド・ヴェルメイユ ラ・ルナ 2016 フランス ルーション

ブルノ・デュシェン 赤 ¥3.600 5本 → 10/4入荷予定

シャトー・ロル・ヴァランタン 2004 フランス ボルドー サンテミリオン

赤 ¥5.800 6本 → 10/4入荷予定